会社案内

立花マテリアルは、土木工事関連をトータルで多彩に展開する
商社とメーカーの機能を併せ持つ提案型企業です。

沿革

昭和30年 10月 大阪において酸化黄(セメント着色剤・天然顔料)の販売を開始
昭和32年 3月 浴衣主染用ベントナイトの販売開始
昭和34年 6月 土木用ベントナイトの販売開始
昭和40年 5月 株式会社立花商会を設立。資本金50万円
本店大阪市北区樋之上町
昭和50年 9月 資本金を1千万円に増資
昭和50年 12月 福岡出張所を開設
昭和54年 3月 東京出張所を開設
昭和55年 10月 仙台出張所を開設
昭和59年 11月 埼玉県八潮市に機材センターを設置
昭和60年 5月 資本金を5千万円に増資
昭和60年 7月 資本金を8千万円に増資
平成元年 12月 近江機工株式会社を設立
平成3年 3月 資本金を1億8千1百万円に増資
平成4年 3月 資本金を2億8千6百万円に増資
平成4年 10月 商号を株式会社立花マテリアルに変更
平成9年 9月 資本金を4億3千万円に増資
平成17年 5月 名古屋出張所を開設
平成19年 10月 株式会社立花ADMを設立
平成26年 5月 台湾台北市に台灣立花材料股份有限公司を設立
平成26年 11月 資本金を1億円に減資
平成30年 4月 茨城製造事業所を開設
令和4年 2月 カメイ株式会社のグループに編入